月と私

雲が重なり霞む月

湿った夜風が肌を濡らして

冷たくなる肩を

両手で抱きすくめた

遠く光る夜景は滲んで

少し幻想的に映るよ

何だろう?

胸を騒ぐこの感覚

夜空を見上げて

誰を思い浮かべているの?


ゆっくりと流れる雲間から

顔を出した月

優しく私を照らして

夜を切なくしておくれ
19/06/25 22:39更新 / mayumi


TOP
投票 感想




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c