ポエム
[TOP]
嘘は毒にも薬にもなる
嘘は言葉も心も鈍らせるから、なるべく吐きたくないね。僕が嘘を吐かないって言ったって君は信じないでしょう?だから僕は嗤うんだ。僕の言葉が、僕の心がいつか刃となって君を襲う日が来ないように、けれど盾となって君を守れる日が来たならと、まるで戯言みたいに願ってる。守れるかどうかはわからない、けれど願わなければ何にもなりはしないだろう?僕を嘘吐きという君だって嘘吐きだ。だから僕等は似合いだよ。僕は道化で、君も道化。互いを守るために嘘さえ武器にする。けれどその嘘が互いの首を締める前に、出来たなら本音を吐き出して楽になれたらいい。僕はどんな嘘もほんとも呑み込んで君を受け入れる。さて、君はどうかな?
19/11/24 23:30更新 / 涙空

■作者メッセージ
嘘つきな私の、けれど嘘を嫌う詩です。矛盾に溢れてますね。

いつも閲覧、投票ありがとうございます(^O^)/

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c