ポエム
[TOP]
悪い夢
今日も、冷たい夜が来る。

頭まで毛布を被って小さく縮こまる。

夜が来たら、後ろを振り返ってはいけないよ。
口をきいてもいけない。

幼少期にはよくあることなのだろう。
そして今も時にはあることなのだろう。

記憶は全部俯瞰的で、断片的だ。

輪廻とはぐるぐるすること。
そして終わりがないこと。

知りたい気もするし、知りたくもない気がする。




じっとりと汗ばんだ感覚が時計を確認させる。
過呼吸は毛布で押しつぶせばいい。
頭痛は我慢すればいい。
涙は勝手に流しておけ。

或いは、知ってはいけないような気がする。

朝になればすべて消えるはずだから。
あと少し、耐えていよう。

19/07/25 13:55更新 / なさか

■作者メッセージ
小さいころから同じ悪い夢を、時々見る。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c