ポエム
[TOP]
とある街 V  乾いたブリキ人形
鈍色の大時計が三度打たれると
大勢のブリキ人形が波になって
たんぽぽの洞窟を通りすぎる
ツルハシ片手に

濁った湖の裏で
真四角に水を切り出す
血の一滴がにじまないように
一片も欠けないように

何度も何度も水に刺したツルハシは錆び
交差する隊列の体の軋む音が洞窟を埋めた
運ぶうちに水は蒸発して欠けていく
散乱した壊れモノが花をちぎり泣く

鈍色の大時計が四度打たれると
大勢のブリキ人形は波となって
れんげの帰り道を通りすぎる
ツルハシ片手に
19/03/29 14:53更新 / 辻葉冷弧

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c