ポエム
[TOP]
とある街 U  ほら吹きと塔の少女
朧をまとったそれは
空白じゃない
空虚な穴でもない
最大質量の燃える生命だ

夕焼けが寂しく見えたので
 少女は淋しい人の古い言葉を思い出して
  紅茶の色したビ一玉を夕陽に投げつけた
19/03/28 18:14更新 / 辻葉冷弧

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c