ポエム
[TOP]
言葉の使い道
磨いてきた言葉

それはただ単に好きだからという言葉では言い表せない

道具であり手段でもあっただろう
誰かに認めてもらうための
自分を納得させるための
道導とするための

そして、すがっていたんだ

言葉の世界に浸ってリアルを変えたいと願っていた
しかし、徐々に役目を終えつつあると感じている
新しい役目はあるだろうか?

いつか捨てる時が来るとしたら
わたしはリアルを受け入れられたということだろう
リアルの人たちにはこんなの見せられない
だから、みんなはともかく、僕は逃げ場にして居場所にしていたってことだよ

磨いてきた言葉

今度はリアルで使っていければな
19/11/12 19:43更新 / Divai

■作者メッセージ
詩という形でなくても使っていけるでしょう。また、詩という形でもリアルの人たちに見せるのに抵抗のない作品もできるでしょう。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c