ポエム
[TOP]
弥次郎兵衛
両腕に等量の重りを抱き、
脚の如き一本の心棒でBalance(バランス)をとる弥次郎兵衛は、
果たして、その平行を打ち破る打撃を加へられ、その心棒がポキリと折れて、
地べたに這ひ蹲るのか。

―さうさ。さうぢゃなくちゃ、此の世の不合理は何ものも堪へられぬではないか。弥次郎兵衛は理不尽に打ち壊されて、さうして神の脚に踏んづけられるのだ。
19/12/29 17:48更新 / 積 緋露雪


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c