ポエム
[TOP]
小綱まなこ
私たちは世界を凌駕しようとするが、現実なんてひとの数さ。

重なったとこだけ取って自分と諦めるが良い。

私が心底安心した理由は、昔はだめなやつでいたかったからなんだ。

今は賢い自分でいようとおもうようになったよ。

今私の歯が痛いことと、想いあってるふたりは生活の上で隣り合って音が鳴る。

いったいいつ出来上がるんだこの絵。アトリエにしからば、よしみが色を付けている。

「よしみ、チョウタロウの絵の具で色を足すときは彼に報告、連絡、ちゃんとしてくれよ?」余計な誤解が嫌なんだ。集中力を削ぐからね!

悟りの才能のない私は悟りが何かを知る手がかりを探す為に感じる。

18/11/08 18:39更新 / ゆりぎつね

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」