ポエム
[TOP]
忘れ形見
歩く度に揺れて
落としてしまいそうだ
満腹にしたお腹に
従ってまた歩く
揺れているのは
腹だけではない

山の上にある甘酒茶屋で
私は餅を食べて膨れた腹に
後悔はない
晴れやかな想い
とまではいかないが
神秘とでも言うのだろうか
別れは神秘と
想うことにしよう
揺れていたのは
私の心持ちだった
19/03/12 18:53更新 / ケティー・モーリス

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c