ポエム
[TOP]
生きていく意味がわからなかった
もう全てを捨ててしまいたいと思ってしまった
絶望が私を飲み込んでいく
ブラウン管から君の声がきこえた
けして明るいものではなかったけれど
もう少し生きてみようと思えた

苦しくて負けそうな時
君の声を聞いた
何度も何度も
君の声を聞くたびにもう一度 自分を信じてみようと思った
君の声が私の力になる

今も君の力強い声は聞こえてる
君も逆境に負けないで声を
君の心を伝えている

全てを終わらせよう
誰も信じられないと思ったあの頃の私はもういない

君の声が私を強くする
もう、あの頃には戻りたく無い
16/05/24 01:04更新 / 悲しくても笑う道化師

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c