ポエム
[TOP]
小春日和の思い出
まぶたを開けた
あなたよりも
鮮明な世界

今日は1月4日
そんな風吹く

あなたには触れないけども
わたしには触れるから
わたしはとても
自由だと思うの
あなたにも
爽やかな風がやさしく

わたしはここで
変わらず待ちながら

時の流れさえ
わたしを深く彩るように
5本の指で逆らって
虹色の光りを帯びて
流れていく


ストップ

フリーダム
19/02/05 16:45更新 / かめれもん

■作者メッセージ
1月4日にベンチに座ってその時の気持ちを詩に
したものです。
通常の春とは違う何か、小春日和かなと思って書いてみました。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c