ポエム
[TOP]

春の耳を
やさしくかじる

甘い思い出のように
野原が広がる

どこか
小川のせせらぎが
光を浴びて歌っている

根雪の残る心のまま
春の手を取り
木の葉の舟に乗りこんだ

いま
世界へ
出かけてゆく

15/04/04 06:41更新 / 月日

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c