ポエム
[TOP]
自転車2人乗り
太陽が沈みさがる帳
いつかの道で見た花火をまだ覚えていますか
あなたとの
まぶしく光る日々が胸に残り
一人きりの道
押し潰されてしまう
もう意味なんてないのに
まだ心臓は諦めてないみたいだ
収束する世界
またたく光
暗闇でもがく私のために
光をくれたのはあなたでした
何度死んで生まれて
また出会って
私に生きる意味をくれたのは
あなたでした

何度も迷って沈んで
それでも探して
私が会いたいと願った人は
あなたでした

暗闇の中あなたが置いた
月が輝く
花火のように
18/10/26 01:17更新 / サイキ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c