ポエム
[TOP]
うす桃色と吐息
寒さが青だとしたら
まるで貴方の姿みたい
ただ遠いばかりだったの

秋が嫌いだと言ってた
あたしはまるでうす桃色の
トキメキを隠してたの

孤独の影を抱きしめて
貴方をずっと思ってたの

きらめきと儚さが
遠い想い人にさせる
これっきりの約束でもいいから
会えたらと言いたい

もうすぐ白い息が季節をかえる
今のうちに貴方の姿を
つかまえておく

女心にどれだけ
貴方はついてこれる?

いつでもうす桃色と吐息に
溺れてるって
知ってた?

それでもいいの
だけどね
それでもいっか。

19/11/03 00:10更新 / あおる

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c