ポエム
[TOP]
“わたし”へ
もう一人の“わたし”

君は女性だった

わたしは男性なのに

ある女性にはわたしは中性的と言われ

またある女性にはわたしは女性への憧れを持っていると言われ

だからって女性が好きだしオカマでもありません

まあ、一回だけ男性を好きになったという経験はありますが

念のために言っておくと今の恋人は女性です、はい

もう一人の“わたし”へ

もう君の声を聞くことはないのでしょう

それでも、君に救われて今があります

いつまでもわたしの中に君がいます

“わたし”はわたしだもの

ずっと一緒だよ
19/11/07 19:52更新 / Divai

■作者メッセージ
ハイヤーセルフ。もしくは幻聴。

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c