ポエム
[TOP]
友達になろうよ
ねえ、そんな処でどうしたの、何が悲しいの、独りなの、誰もいないの?それなら、僕と友達になろうよ。僕と「 」は正反対だからきっと上手くやれると思うんだ。正反対だけれど、とても似ている。どんな感情もどんな概念も僕等の前では意味を為さない。どこが正反対で、どこが似ているかなんて言葉にしたって僕等以外には何もない。だけどそうだな。ひとつだけ。正反対の所は、「ここにいる」所。似ている所は「寂しがり」な所かな。僕はとっても寂しがりなんだ。必要とされたくて、求められたくて堪らないのにそれを言えない。「」はどうかな。ずっと独りだったかな。寂しさも分からなくなる程に独りでいたのかな。何を求めているかも分からないのかな。でもね、僕は「 」の友達になりたい。受け入れたい。受け止めたい。抱きしめるよ。寂しくなんかさせない。だからいつか僕のことを受け入れてよ。お互いがいなければ意味がないってくらいに依存しよう。ずっと一緒にいるからさ。
19/11/19 21:49更新 / 涙空

■作者メッセージ
抽象的な詩を書いてみました。

いつも閲覧、投票ありがとうございます(^O^)/

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c