ポエム
[TOP]
完全に幸せな世界
気づいたら,私は幸せな世界にいた
そこでは私が作った詩はみんなに褒められた
意地悪だったあの人は,とても私に優しくなっていた
家に帰ると
他界したはずの愛犬が元気に尻尾を振っていて
別れたはずのあなたがおかえりといって私を抱きしめた
そして暖かい居間で肩を寄せ合いながらあなたと二人で眠った
どこまでも,幸せな世界だった
けれど
何かが欠けていた

そこにいた私は私ではなかった
現実の世界でもがいてる本当の私ではなかった
19/12/05 01:02更新 / 空雲上

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c