ポエム
[TOP]
夜を好きだと思えたんだ。

鳥はもう一羽も見えやしなくて
それはもう煙が思わせぶりに消えるよう。
時折車が通るだけで
家々は内側ばかり見ている。
いつも空気を青ざめさせるのは
切れかかった街灯の光と蝉に似た音。
暗さがなくなっちまって
どこか寒々しかった風。

窓から見ていた。
網戸ごしの夜は美しくて、遠かった。
いつかそこに行きたかった。
夜の中にいたかった。

ただそこに在るから
何もかもが見えなくて
でも確かにそこにあって。

夜にいる。
消さない。
それでいいんだろう?

夜の歌を歌う
月にあなたの影を映して
19/03/26 01:49更新 / 辻葉冷弧

■作者メッセージ
「やさしくうつくしい夜の歌」
私の望む全てでした。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c