ポエム
[TOP]
あきんど2
電車に揺られて。

諦めたくないことをしろ、という産業大学のポスターが張ってあった。

未來が楽しみだ。

作品は作者もどう出来るか知らないのだ。

髪の毛先は気になるけど…

ちりばめた先を、わざと意識しない。

だから、ちりばめて、出来を自分を許していく。

その震えた数が威圧になったのだ。
19/02/05 19:48更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c