ポエム
[TOP]
ねぇ?終わりかたがわからないんだよ。
なにひとつ考えられなくて
どこまでも砂浜を歩いていた
大空を飛ぶ海鳥が
風に乗って自由な午後にたゆたっていた

そしてなにより、
照り返しが眩しくて
水平線へと続く青い空と海が揺らめき
世界が白と青の2色になったと
思ってしまったので


ねぇ、どこまで歩けばいいんだろう
終わりかたが、わからないんだよ


砂浜に半分埋まった
汚れたハーモニカが
それでも銀色に光って
未来の歌を奏でたがっているように見える


つまらない人生って
嘆く癖が抜けないのは
ただ、段取りがわからないままだから
なのかな?


ねぇ、この光もいつか忘れるのだろうね
傷つかない強さがあればいいんだけどね
忘れてしまった叫びはそれでも

この砂浜にうずめた記憶だけは
忘れずにいさせてほしいと
願ってしまう午後の懈怠とさよならする
黄昏を迎えるまでは


19/05/06 03:32更新 / 花澤悠

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c