ポエム
[TOP]
小部屋の時は止まっている
白い小部屋には未だ1本のギターがある
非常識に此処に入り込むベージュの影を待って

遠い朝を幾千眺めても
目の前を黒の絵の具で塗り潰すのを
やめなかったのに
まだその絵の具は
この手を染めたままなのに
海岸沿いを歩けば
──彼の日の俺達がいる
街をゆけば
──変わらない景色が憎くなる
森の中には入らない
──これ以上 奴の回想をする暇はない
そうだろう
答えを欲しがるほど 弱々しさを知る

誰の?

このギターを捨てられない訳を
この小部屋にまだしがみついてしまう訳を
どうか早く来て 音にして教えてくれよ
19/03/19 02:50更新 / 辻葉冷弧

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c