ポエム
[TOP]
深夜、理由があるなら、問わせてほしい
悲しみが、
Tシャツのようにかんたんに脱げたら、
シャツに描いてみせた字を
綺麗なこころのままで読む。

くつろげるホームもなく、孤立した、
笑顔が消え入るような若者は、
目に涙をためて、真っ赤になって、
自分を許せず、怒っている。

キンモクセイの香りただよう極楽が、
君をこの家に招待した夕べに訪れる。


まだ許せないものを知らなかったころ、
よく聴いた歌。

瞳に湛えた、優しい思い出の歌。

あまりに懐かしい感情を思い出し
月なき闇夜を、照らすともしびは星の歌。


見守ってくれる、
寂しさをつつみこむ感性を
あなたは、失わない。

それでも混沌の落日のなか、
たまに、心に降りしきる、
忘れられない悲しみを
無視するわけにはいかないから、

この世界の生い立ちを
楽しく語ってくれる心の友よ、
あなたのことを先生と呼ぶから、

どうか、まじめな希望を棄てたりしないで
私の生きていてもいい理由を問わせて。

生きていてもいい、理由があるというのなら。



19/05/01 17:36更新 / 花澤悠

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c