ポエム
[TOP]
天の采配
もう歩けない
そんな風に諦めたことがある

“歩け”
天は厳しかった

しょうがないから歩いた
ひとりで何回も転びながら

そうやって歩き方を学んだ
年齢だけは十分大人のくせに

いつのまにか一緒に歩いてくれる人ができた
笑いながら泣きながら

いつか聞いた心の声
「みんなと生きなさい。みんなと行きなさい」

ずっと手に入れたかったもの
もうひとりで歩かないでいいんだね
19/10/19 21:31更新 / Divai

■作者メッセージ
過去作。
今の僕があるのは自分の意志どうこうの問題だけじゃない。

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c