ポエム
[TOP]
12月は140字超えた
140字の世界で
スーハ― ……呼吸のあとに、きみが吐いた言葉
まっしろな息に染まって、ぼくのスマホにたどりついた

冬の空に走らせたような、きみのこごえた想いが
みんなにも届くといいね、
ぼくははじめてのいいねをきみにあげた

まっしろな写真の皿に
きみの言葉が乗っかって

雪がまぶされててアスファルトは白黒

電柱にぶらさがってるきれいなツララ

音楽みたいな街で好きだよ、ラララ
いいね、きみのまち
きらきら映える白い砂
ほんときれいだ

どれだけ歩いても
どれだけいいねを押しても
きみの朝の通学路には永遠にたどりつけない

首にかけたマフラーのほうがずっと人間らしくて
壊れた冷房の部屋みたいな暗がりでひっそりと
今夜もいいねだけが降り続ける
なんだか雪みたいだね、いいね


           いいね



  いいね
               いいね               いいね


      いいね   


                            いいね


           
           いいね




しんしんと、
日々に降り積もる
16/12/23 20:52更新 / 黒須らいちゅう

■作者メッセージ
ツイッターが好きなんです(*´ω`)

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c