ポエム
[TOP]
私に泊まった言葉たち
この数日で、一体幾つの
詩めいた言葉たちが頭に渡来しただろう?
今や彼らはめいめいの旅路に就き
残ったのは空っぽの宿だけ

言葉というものは酷く不定形で
形を整えるには多大な労力が伴う
あれこれと苦心惨憺してようやく
それらしきものが出来るに過ぎない

その上彼らは途轍もなくすばしっこい
急いで捉えないと旅立ってしまう
食って寝て起きて、そんな事をした後には
彼らはチェックアウトしてしまっている

あれも言っておけば良かった
これも言っておけば良かった
心に残るのは僅かな言葉
旅人たちのゲストブック

詩を書かなくっちゃ
私と言うおんぼろ宿に
泊まってくれた旅人たちの為に
それがせめての、恩義というもの
19/06/16 22:46更新 / 精玲音

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c