ポエム
[TOP]
親の居ぬ間に
夜の風が
冬の風が
星空を横切ってびゅうびゅう吹きました
山の稜線は
黒々とした杉は
ざわざわと静かに揺れていました

吹き付ける風はとても冷たいのに
私の頬はまだ火照っていた
鼻先はもう冷たいのに
私の腹はまだ
じんわりと暖かかった

ただ漫然と

家屋の隅で生きる私の
冬の風に吹かれた私の

その小さな揺れる灯火は
20/02/09 22:54更新 / メジロ


談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c