ポエム
[TOP]
詩集・夏景色
『校庭』

だ〜れもいない セミの声だけの

田舎の小学校の教室

町に転校して行った

君の机の上に顔を横にする

かすかに声が聞こえるよ

〇〇君 げんき?

それから僕は 僕の机の

ナイフで刻んだ〇〇さんという名前を

指でなぞる。


思い出す

だ〜れもいない教室と

子犬が一匹の夏休みの校庭。


『夏の夢』

思えば、この半年、夢を見ていたのかも知れない。

一つは、春の海辺で、ほっこりしている、そんな夢。

もう一つは、波の光のように、キラリとひかり、セクシー。

夏の夢は 夏が終わらないうちに去り、

浜辺には君が忘れた お気に入りの帽子があった。

君はこの帽子を取りに また 戻ってくるかも知れない。


『夏の終わりに』

夏の終わりの 砂浜に 

君が書いた 二行の言葉

それを言いに 戻って来たのかい

大事にするよ その言葉

ああ− 帽子を忘れてはいけないよ。


『夏坂』

この坂を曲がった先に

あなたと住んだアパートがありました

身ごもったあなたの

お尻を押して上ったことも

この坂は駅から近いのだけど

去年は休まず上れたが

今年は途中で休んで汗をふき

夏の終わりの雲を見上げるのです。



19/06/12 06:22更新 / 北風 嵐

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c