ポエム
[TOP]
ミルクシェイクとジンジャーエール

夜のドライブに出かけよう
ベッドに寝てばかりじゃ
真冬の寒さも感じないよ
さぁドライブに出かけよう

澄んだ空気街灯のない道のり
夜の街はどこまでも暗い
たまにすれ違う車のヘッドライトが
遠くを見てる君の顔を照らす

夜の街は暗いけどこわくないよ
目を閉じてると自分の闇がみえてくる
まだ 暖かい日差しのなかは居心地わるいよね


あ!! 指差した先に灯りが見える
寄っていこうか うなずいてる
路地の真ん中階段を上がり扉を開ける

気さくなマダムは どこから?って
遠いとこからって言ってみた
休んでく?それともなんかのむかい?

君は小さな声で ミルクシェイク
じゃ僕はジンジャーエール
O.K 君がすこし微笑んだ

カウンターに三人の男たち
ギターを持ってゲラゲラ笑ってる
やぁ!!俺たちの唄聞いてくかい?
もちろんさ♪君もうなずく

閉じてしまった扉
ひとつずつ開けて
ずっとそばに居るからさ
ゆっくりとすこしずつ

夜のドライブ
たち寄った店の気さくなマダム
陽気な三人の唄歌い
ミルクシェイクとジンジャーエール

いい唄だね

素敵な夜だね
19/01/22 22:11更新 / めがね

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c