ポエム
[TOP]
大人になるということ
ブラウン管の向こうには無限の世界が広がっていると僕らは信じていた。
それが大人が見させた小さな嘘の1つだと気づいた時僕らは大人になった。
そうやって嘘に1つずつ気づいて、
現実を見つけて、社会に溶け込んでいった。

見てごらんよ僕らの素敵な世界を
真っ白で美しい世界を
君は虚像と踊り楽しくて楽しくて笑い壊れるだろう
ああ良い人生だったと思うだろう。

デジタルになった僕らは子供たちに無限の世界を見せる。
落胆したあの日を忘れて詐欺師になって遊ぶ。
そうやって嘘を1つずつ増やして、
塗り固めた今日を明日を生きる。

おいでよ僕らの可愛い世界に
きらきら眩い世界に
君は虚像となり走って走って尽き果てるだろう
ああ良い人生だったと思うだろう。

おいでよ僕らの素敵な世界に
ステージに上がって
ただただ台詞を言って笑って踊れば良い
そうして君は立派な一人前の大人になるだろう。
20/01/12 17:25更新 / 紫陽


■作者メッセージ
[Alexandros]とSEKAI NO OWARI の歌に影響されて書きました。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c