ポエム
[TOP]
或る小説
空にくるまれたようだった
白い病棟を見上げていた
手入れのされた若々しい林のなかで

麦藁帽子が二階から落ちてくる
そんな爽やかな昼は本の中のこと
ましてや小型飛行機なんて

四人部屋の好青年は
昔同じようにこの木を使ったのだという
黄色な顔にその目を失っても
もう前だけを向くしかないようで

地獄絵図だろう
呻き声、叫び、
逃げだす方法も必要も既になく
もう前だけ向いて生きるしかないようで
19/03/12 19:38更新 / 辻葉冷弧

■作者メッセージ
3、4連はその作品の内容から。作品名忘れてしまいました。これかな、と思う方いれば教えてください。主人公がその病院(?)に入るところからだったと思います。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c