ポエム
[TOP]
新しいものが汚れたとき
少し汚れたところから始められるように。

私に にこやかな人が話しかけてくれている。

美しい人が語りかけてくれている。

「真っ白が真っ黒になった。もう駄目だ。」自分自身が完璧なわけじゃないのに。

そうしていけば、汚れはたったシャツについたしみだと思う。

人の感情を自分になぞらえることはできますか?

美しさを美しいと捉えられますか? これは後天性、大人になってからの話です。

少し汚れ、それを捨てないで

それを手に取り、耐える 力

この残りの分がどれだけ何や人を救うか。




19/01/29 17:13更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c