ポエム
[TOP]
焦がしていく
夢を焦がしていた
淡い、赤い夜だった
道化師と道化師の化かし合い
優しい毒を、飲んで

声を焦がしていた
眩い、白い朝だった
電話番号は間違ってない
無機質な音、切って
また


手を離したからここにいるのに
寄りかかって今ここにいるのに

ああ
綺麗なものを見たい
消えていく強いものを見たい
19/03/11 10:57更新 / 辻葉冷弧

■作者メッセージ
繋がってしまったほうと、
何度やっても繋がらないほう。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c