ポエム
[TOP]
脱出
格子の窓から見える空は

思っていたほど小さくて

手が届きそうで

いつもつま先立ちをしてた

夢いっぱいの大冒険

武器なんて持たない

優しさと希望があればいい



そして僕らは

ただ青い空の下で

あの日の窓から

見えた景色が変わる

僕たちも変わっていくはず



街中に響く喝采

石畳を歩くたび

滑りそうになるけど

踏ん張っていこう

頑張っての一言に

心踊らせる

たばさむ希望の

身震いに

ダメになりそうなとき

思い出す青い空
19/10/18 12:26更新 / 喜楽一膳

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c