ポエム
[TOP]
独り連歌『海月』
風吹いて 揺れる私は 夢海月
心も身体も 揺蕩い眠る

水底に きらりと光る 砂粒を
拾いに行けぬ 寂しい海月

星空を 眺めて揺れる 海の中
私の触手は 星にも届かず

海月とて 夢を抱いて みたいのだ
綺麗な物を 拾いたいのだ

月明かり 照らす水面に 死海月
今宵も夢は 叶わず眠る

海月 鳥山渉
19/10/01 00:36更新 / 鳥山渉

■作者メッセージ
独り連歌 やっぱり楽しくてやっちゃうなあ。
明るいの書いたり 暗いの書いたり いそがしいなあ。
書いてて一番楽しかった頃に戻るために お遊び。

余談
くらげ かわいいですよね。綺麗だし。
友人が前に誘ってくれた 都会の方の水族館で 綺麗なくらげたくさんいるところがあるらしい。
いつか行ってみたい。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c