ポエム
[TOP]
見殺し
ごめん 北京
僕はあなたに
ウソをついていた

朝起きると
あなたは白い雪に埋もれていた
僕は降らないと約束したのに

あなたを殺してしまった

慌てて外に出て
あなたを探しに行ったけど
しばれた手の向こうで
人々の歓声が上がると
僕はふと
故郷の雪を思い出し

カササギが巣に戻るのを見て
ごめん 北京
僕はやっぱり故郷が恋しい
19/12/16 21:35更新 / 砂漠色


■作者メッセージ
北京では滅多に雪が降らないのですが、今年に入って2回も雪が降りました。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c