ポエム
[TOP]
真蒼の空
真蒼に染まる空に、自分の存在が呑み込まれそうになる。
まるで昨夜の暗黒の夜空など無かった様に、可憐だった。
雲一つ無い空は、何処か淋しさを自分の心に産み落とす。
あの遠くに見える水平線の向こうには一体何があるのか。
その真相など、知ることも無いだろう。
今はただ、この真蒼な空を見ていよう。
気軽な気持ちで、誰にも流れず、蔑まれず。
そんな感情で、この空を抱いていよう。
19/11/16 22:24更新 / 咲乃 涙

■作者メッセージ
真蒼の読み方は(しんそう)と読みます。
多分、造語ですが読み難くてすみません。

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c