ポエム
[TOP]
四年
舌の先が痺れた夜に
欠き始めの月を落とした
舞台上で踊る声は今日も対角線上に
嘆く氷を割り散らして逝く
変わり映えのしない悪夢の
真っ青な目に責められる
あしたはあなたにあえますか
偽者には偽者の夢しか見られないかい
19/03/06 01:26更新 / 辻葉冷弧

■作者メッセージ
if

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c