ポエム
[TOP]
いつからだろう
歩むことに理由を探していた
あるいは人生の命題を

幾億の足跡
ほんの一瞬のか細い閃光

「おかえりなさい」
声が響く 私のすぐ傍で
あるいは私の内側で

初めて聞くようで
どこか懐かしく暖かい音色

始まりはすべて一粒の種
終わりはすべて一粒の種


黄昏に灼かれて
焦げ暮れた地に立って
僕はまた歩き出す

大気圏を越えて
たとえ灰になったって
君の元へ辿り着く


「ただいま」

18/07/15 15:52更新 / サヴァンナ

■作者メッセージ
探し物は見つかりましたか?
おかえりなさい、サヴァンナ。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c