ポエム
[TOP]
あの日から
理解されない苦しみがふつふつと湧き上がってくる。それを精子に託して射精する日々は僕を透明にしていく。透明になった僕には夕やけが映りやすくて泣いた。笑い声が僕の耳元で響くのを僕が笑って打ち消すのも疲れた。どこにも居場所がない想像ばかりが頭を満たして膿となる。ぼんやりとしてくるのを嬉しく思う自分がいて、もう僕は僕になれないのだと思うと悲しい。

19/12/21 19:13更新 / ジアール


TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c