ポエム
[TOP]
雪兎の春


不運や悲しみを一人押し込めて
冷たいそれを震える指先で
雪兎のように小さく飾り立てた

不運なせいだ
悲しいからさ
すべて雪兎のせいにした

溶かすのが惜しくなって
理由もなく守るようになっていた

手の平はかじかんで痛いのに
冬の雪兎をいつまでも手離せないまま
意固地になっていたんだよ

悲劇という言い訳がなくなれば
本当に私自身のせいだと
気付いてしまいそうで怖かったのだ


もう不運など過ぎ去ったはずなのに
もう悲しまなくてよいはずなのに
冬はとうに終わったというのに

春の陽射しになぜ怯えたのだろう

不運や悲しみ
誰かと分かち合えたなら

遅い雪解けの日も
そう遠くないだろうか

15/11/27 17:43更新 / あめくも

■作者メッセージ

両手を離れた雪兎は森にとけて
花のつぼみに水を与えた

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c