ポエム
[TOP]
呼び声
いつも気にかけてくれたあなた

だけどその優しさに答えるのは恥ずかしくて

何も出来なかった私

本当は私だって話したくて仕方がない

そんな時

あなたが私の名前を呼んだ

初めて呼ばれた感覚は恥ずかさより嬉しさが勝った

「やっと振り向いてくれた」

少し頬を赤らめながら彼は言った
16/11/06 14:46更新 /

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」