ポエム
[TOP]
雨花2
きみ、過去はもういいから、自分の良いとこを出してください。
悪いとこを出すと悪いとこが隠れるのは目の優しさのせいで、醜さではありません。
おじいさんやおばあさんはずっとお兄さんやお姉さんで、そういうことを教えてくれました。
宿命は昇ってますか?それとも下ってますか?
去年は厄年でした。ほんとうに大変でした。学びも多くありました。
引き下がるにも引き下がれず、キレるのなら死んでしまいそうで、口を固く結んで。
潔く猫のようにしなやかにしょぼんとしています。
だから自分の良いとこは出せない、とかじゃないし、私たちは平行した視線を描き、きみとは交差はしないのですよ。


19/01/21 14:05更新 / 淤白

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c