ポエム
[TOP]
甘い鞭


多くの者は目先の信号にだけ囚われ
それが自ら求めたモノの一部だと云う事を
すぐに忘れてしまう

震える様な快楽と
包まれる様な安堵と
安らかな眠りの時

それらの裏に痛みや悲しみがある訳じゃない



打ち据える鞭の痛み
優しく触れる指先の感触
本質的には同じものだ



憎しみは愛しさの裏側ではなく
直ぐ隣に存在する

本人の望む望まざるを無関係に
与えられるモノ

愚かな事に
人はそれを認識出来る時の多くを
失った後に得る


隣にいる者に抱き締められた君よ
誰かと手を握り 共に眠る君よ

その時が永遠と思うな

慢心に満ち
信じられぬのを他人の所為とする
その向こうに待ち人は居ない。




19/03/20 09:50更新 / K

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c