ポエム
[TOP]
【短歌30首】この人を追う
この人を追う




砂嵐以外は何も映さないテレビを思う 風の水面に



公園の禁止事項の九つにすべて納得して歩き出す



キスをする距離のふたりがオレのいるあいだはせずにいてくれていた



てのひらで暴力団を止めようとしてる女はポスターの中



マスタード・ケチャップ同時にかけられる便利パックも散乱のゴミ



ボケというひどい名前の植物の背丈がオレとそうかわらない



左肩にかけてたカバンを右肩にかけてパラレルワールドみたい



黒髪を生やす力のおとろえた頭を下げて求めたゆるし



力の限りがんばりますと言わされて自分の胸を破り捨てたい



「サイコロをもう一度振り出た数を戻れ」もどれば「一回休み」



〈ラーメン〉と赤地に白く染められた決定的な幟はためく



並盛りと言ってもかなりの量がくるしきたりを受け入れてわれらは



コクとキレ知らないものを知っているみたいに半ばまで来てしまう



スープまで飲み干し思う破滅から地球を救い胴上げされたい



現金のように使えるポイントのもう戻れない無垢の心に



この人にひったくられればこの人を追うわけだよな生活かけて



頭を掻くつもりで上げた左手の先が帽子の中へ潜った



考えず腕組みをして不機嫌に見えそうだなと思ってほどく



何をしても落ちなさそうな黒ずみに両足で立ち〈1〉と〈閉〉押す



ひらきだす自動扉の前に立ち通れるようになるまでの無為



むらさきとピンクの歌が漏れているこのスナックの名を「蘭」という



なんとなくいちごアイスを買って食う しあわせですか おくびょうですよ



わかるけどそうは言っても死んだまま一生過ごすことはできな




脱ぎ捨てた靴下ふたつの距離感を眺めていれば鳩時計鳴く



全身に力こめれば少しだけ時間を止められないこともなくない



手を腰にやってコーヒー牛乳を飲んではみても傷もつ心



トリックをすべて解かれてうらみつらみねたみを2分言う殺人者



次にくる年号を予想する人がテレビの中に座ってて邪魔



水を吐くオレを鏡に見てしまうモザイクかけておいてほしいな



見たくないものが日に日に増えてくるオレの一人の部屋の消灯


19/10/16 22:03更新 / 工藤吉生

■作者メッセージ
短歌は57577。季語はいりません。

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c