ポエム
[TOP]
まゆみ!アウト〜〜!
大好きなキミが向こうから来る
飛び出しそうな胸を必死に押さえて
平然を装おい隣の友達とはしゃいだ
「おはよう!」
必ずキミが声を掛けて来る
「おはよう!」
キミの顔を一番間近で見る瞬間
嬉しくて嬉しくて嬉しかったけど
今日もまたキミは私を見てはいない
なんとなく気付いていたんだ
好きな人の顔を見れば見てるから
嫌でも分かってしまう
キミが友達を見る目が
私がキミを見る目と同じだから
キミは私の友達が好きって事

おチャラける私に突っ込むキミ
いやらしい私はそうまでしても
「私」だけを見てほしくて
一生懸命オチャラケた
でもね
友達を見る目とは明らかに違う目が
やっぱり切なくて
我慢出来なくて
「トイレ〜〜!」って
叫んで逃げ出して
思いっきり泣いたんだ
19/12/02 17:14更新 / mayumi

■作者メッセージ
初めて失恋した時の事です
今でも鮮明に覚えています
覚えているのはトイレと叫んで走った事で…………
年頃の女子が
トイレ〜って叫んで走って行ったら
そりゃアウトだわぁ〜って
今でも後悔しています(^_^;)笑〜

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c