ポエム
[TOP]
センター試験の朝の雪

一月の雨が雪になる
遠い日の歌詞を口にする
わたしの働くキャンパスに
受験生たちがやってくる
恨みがましく空を仰ぐ

センター試験とは何なのか
わたしのときはないものを
半世紀前の受験生であったわたしは
この青山の邸宅に世話になり
大学を渡り歩く
あれからどこをどう通ってきたものか

頑張れよ受験生
失敗した落伍者がここにいる
末路はこんな契約社員
下働きがせいいっぱい

あのときもっと真剣であったなら
はらはら舞う雪に
因果応報の答えを見る

事務室で退勤を押したら
正門から青山通りに出る
これからの若者たちとすれ違い
20/01/20 00:45更新 / シニヤ = シネー


談話室

TOP | 感想 | RSS


まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c