ポエム
[TOP]
アイすることを
愛と簡単に口ずさむ
ある時は幸せに包まれながら
時として苦しみの捌け口のように

iを主張してみる
孤独の表現として
統制の手段として

哀の影に怯える
音の無い宵闇の中で
雑踏ですれ違う人々の中で

変換言葉の悪さに
アイという言葉を忘れた

手に残るアイは…


19/09/04 01:49更新 / 由真香

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c