ポエム
[TOP]
夜を望んで
夜よ 僕のそばにいてくれ
もう暗がりで包んで
見えなくなっていく言葉を
沈めていて
月も星も消していく青い街灯
だけど生憎彼らが数少ない仲間なのさ
夜に浮かぶ朝の群れを焦がす
愛す、そんな
遠のいていく夜が恋しかったあの頃に
何を知れたろう?
何を見れたろう?
この汚れた目にはもう映らない夜に
何を望んでいたろう?
19/02/25 01:03更新 / 辻葉冷弧

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c