ポエム
[TOP]
天(そら)を見上げれば

あぁ、そうか
僕は人だった。
空を見て、綺麗だ…と
花を見て、儚い…と
そう、思える人だった。
どんなに心が汚れていても
空を見上げれば
誰かと繋がっていて…
ああ、そうか
僕は…
僕は、僕の生まれてきた意味が
わかった気がした。
空にかかる虹。
天から伸びる陽の手。
無機物と有機物が混合した
暖かい温もり。
全てを抱えて生きているのが
僕だった。
天に手を伸ばしても
その厚い肉が透けないのが
僕だった。



18/11/21 21:40更新 / 貴野 泪

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c
学研のオンライン英会話 マンツーマンレッスン「Kimini BB」