ポエム
[TOP]
天気雨

優しい雨に抱かれて、天気雨が降る中で走り出す。
意味もなく。
いいや、意味はあるのかもしれない。
だけど今は考える必要が無い。
ただただ走って、あの河川敷で、
蒼い空の下で、麦わら帽子を被り微笑む向日葵の様な君と、
あの夏の様に出逢いたいから。

僕と会ったら君はまた微笑んでくれますか?
また手を繋いでくれますか?

答えは、君に逢ってからにしよう。
僕はまだ、この天気雨の中を走るだけだから。

19/11/02 22:48更新 / 咲乃 涙

TOP | 感想 | RSS




まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35c